アヴァベル リキャスターとはいいものです

いつも僕のブログを読んでくださっている読者の皆様、こんにちは、こんばんは。

本日は僧侶さんが居候(隠居)しているギルドさん、Acolyteさんで夜の9時からシャボン玉祭りをするということでわくわくなうっかりさんこと僧侶好きです。

さて、今回はタイトルにも書いてあります通り、

リキャスターの効果はどれほどのものなのか?


という単純な疑問をギルメンさんと一緒に試して(調査して)頂きましたです。

リキャスターの研究・調査にご協力してくださったギルメンさんに感謝、感謝ですm(_ _;;)mアセアセ



ではでは、とりあえずリキャスターの大まかな説明をしていきましょう。

リキャスター

  • 扱い方は弾速(?)の遅くなった、人数制限と回避で消えないタイプのヒールライトのようなイメージ
  • まっすぐに飛ぶため段差などには弱い
  • 弾速が遅いこともあり、ヒールライトよりやや当てづらい
  • バフマークとしては、矢印のマーク(⤴)が出る
  • バフの効果中は、おおよそクールタイムが1秒ほど減る(全てのスキルに適用。 ただし、回避やダッシュには適用されない)
  • 弾速が遅いためダッシュで追い越すことはできるが、自分自身(使用者)には効果がない、完全他者支援用のスキル。

簡単にまとめると以上のようなイメージ(ポイント)です。

1秒減る程度だと大して変わりもないような気もしますが、

クールタイムが短いスキルほどその効果をより感じることができるのです。

分かりやすい例で言えば、

ヒールライト
リアランス
シャボン玉


あたりでしょうか。

リキャスターのバフ効果を受ける前だとヒールライトとクリアランスはどちらも発動~終了までのモーションが終わってもワンテンポの空き(クールタイム)のあるスキルなのですが、リキャスターの効果を受けている

どちらも連射が利くようになる


のです。


リアランスはヒールライト並みに連射できるようになり


ヒールライトはクリエイターさんのポーションシャワーに劣らないほど連射による連続回復が可能に


なります。

余談としまして、実は装備(武器)による特性によっても効果はさらに上昇されるようで、

杖を鈍器に変えてみるとその効果をより実感することができます。



鈍器の特徴

  • アコライトさんの全スキルのクールタイムが若干早くなる



というものです。

これを生かして、リキャスターの効果を受ける

リアランスはさらに連射が利くようになり


ヒールライトはモーションが終わる前にクールタイムが終了し


極めつけは、シャボン玉が一度に4つも出せるようになる(通常であれば、3つまで出せるものの最初のシャボン玉が消える直前でしか発動できない)


のです。

クールタイムが短くなると、

それだけスキルに“新たな可能性”が出てくる


ので、実はリキャスターは地味なスキルでも使いこなせばかなり優秀なスキルなのかもしれません。

クールタイムの短いスキルは化け、
クールタイムの長いスキルは大助かり


です、きっと……。

余談としまして、鈍器+リキャスターの効果を受けた状態でサンクチュアリを使ってみましたところ、

発動前の詠唱時間=サンクチュアリの効果が消える時間


となり、実質、リキャスターの効果中であればやる気さえあればほぼ絶え間なくサンクチュアリを発動することができるようになります。

アコライトさん

クールタイム(手数)重視であれば鈍器


となりそうです。



ではでは、プチ報告もこのくらいにしてここで一度切ろうかと思いますです。

ここまで読んでくださってありがとうございました(>人<)