FF14 レベル1~29あたりまでの幻術士さんの動きなど

いつも私のブログを読んでくださっている読者の皆様、こんにちは、こんばんは

 

気が付いたら眠ってしまっていることの多いうっかりさんこと僧侶好きです

 

さて、今回はまた前回の続きとしまして、

 

幻術士レベル1~29までのざっくりとした動き方

 

について書いていこうかと思いますです

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

レベル1~15まで

 

ソロです

とにかくソロです

 

一番最初のIDであるサスタシャに行けるようになる制限レベルである15になるまでの間にPTを組むことができますが、基本ソロで進めることになるかと思いますです

 

まず、使うアクションですが

 

ソロならストーン、ケアル、エアロ、クルセードスタンス

 

この3つ+ロールアクションひとつしか使いません

(補足で、クルセードスタンスとは一定時間自身の与ダメージを+5%だけ増やすバフを自身に付与するアクションです)

 

メディカとレイズはソロでは使う機会はありません

 

アクアオーラもそれほど使うような機会はなく、レベル15まではシンプルなストーンとエアロで戦うことになります

 

まず、戦う場合ですが

 

幻術士さんはケアルを習得してから複数相手でも立ち回れるようになります

 

ダメージを受けてもケアルで相殺できますので、実質タンクさんよりも長く細く生き残ることができます

……そう、MPがなくならない限りは……

 

まず最初に、戦う敵さん全員にエアロをかけてしまいます

エアロをかけてから、ストーンで各個倒していきます

ストーンを使っている間にエアロのDoTデバフが切れそうになったら再度エアロをかけ直して、またストーンで攻撃していきます

 

これだけであっという間に敵さんを楽に倒せます

原理としてはざっくり、

 

  1. エアロDoTをかけることでダメージを蓄積させる

  2. エアロDoTがかかっている間にストーンでHPをもりもり削る

  3. エアロDoTが切れる前にかけ直して1からループ

 

……となります

エアロを“ばら蒔く”ことで、なんちゃって全体攻撃にもなりますのでうまいことエアロ蒔きで多くの敵さんにダメージを与えていきましょう

 

PTの場合は、状況によってはもしかしたらメディカを使うかもしれません

ただ、基本はよほどのことがない限りはケアルで済ませられるくらいかと思われますです

 

 

 

レベル15~29まで

 

ストンラを習得してから世界が変わります

 

まず、目に見えてダメージが増えますので

 

えっ、こんなに火力あっていいの?

 

とびっくりします

 

つまりソロでもまたケアルに続いてしばらく楽になるということですね

 

基本的な戦い方は前述のレベル1~15までの動き~と全く変わりません

 

リポーズを習得すると、間違ってアクティブな敵さんを引っ掻けてしまった時に眠らせて逃げる方法を取ることもできますが、基本的にフィールドでは少し逃げるだけですぐに追跡を諦めてくれますので、狭い通路や屋内以外ではそれほど使う機会はないでしょう

 

IDやPTにおいては、複数の敵さんからタンクさんが攻撃を受けていて大変そうな時の応急の無力化をすることはできますが、ダメージのある範囲攻撃が入ると起きてしまいますので、アクアオーラと並び扱い慣れていないとちょっと使い時が難しいかもしれません

 

レベル30になり、幻術士さんのクラスクエストを終わらせるとケアルラを習得できるのですが、この時点では頻繁に使うような機会はそれほどありません

 

エアロ、ストンラ、ケアル、ストンラ、ストンラ、エアロ……

 

 

DoTを入れながらストンラで直接的なダメージを与えつつ自身のHPを回復する

 

という流れを幻術士さんはやっていきます

 

もちろん、PTやIDの時には味方、特にタンクさんと自身への回復は優先して行いましょう

 

 

 

ざっと軽くまとめるとこのようなところでしょう

 

幻術士さんは戦闘クラスの中でも操作自体は比較的シンプルで、それでいてアクションの性能もなかなか高いのでずっとヒーラーをやっていくことを前提にすると、操作の面では難易度は低めですが、だんだん自身のMP管理の問題が出てきます

 

そのあたりはとにかくヒーラーさんを使って感覚も慣れるしかないのですが、幻術士さんの段階ではとにかく味方の回復支援から覚えていきましょう

 

ではでは、今回はこのあたりで一度切ろうかと思いますです

 

ここまで読んでくださってありがとうございましたです(´ω`)