ドラゴンレボルト ヒーラーさんのスキル

いつも私のブログを読んでくださっている、皆様、こんにちは、こんばんは。

 

ドラゴンレボルトが配信されてヒーラーさんでうきうきしているうっかりさんこと僧侶好きです。

 

さて、今回は軽くヒーラーさんのスキルを紹介していこうかと思いますです。

 

 

 

↓↓↓

 

 


f:id:ukkarisan:20170810074220j:image

f:id:ukkarisan:20170810081847j:image

f:id:ukkarisan:20170810081837j:image

f:id:ukkarisan:20170810074350j:image

 

裁きの鎚/インパクトスイング(クールタイム8秒)

 

前方範囲に巨大なハンマーを召還し、攻撃するスキルです。

 

初期スキルでもあり、クールタイムもあまり長くはなく多少の連発は利きますが火力にはやや物足りなさがあります。

 

小さな敵さんと密接している状態で発動しますと当たらないことがあり、使うなら少し距離を離した上で使うとよいでしょう。

 

現段階ではルーンと呼ばれるスキルのカスタマイズ(付け外し自由なもの)は片方しか入手しておりませんが、あまりエフェクトと範囲に変化はありませんでした。

 

インパクトスイングのルーンを付けると追加効果で当たった対象の移動速度を低下させますので、特殊な補佐や中立フィールドなどでの支援に役立つでしょう。

 

 


f:id:ukkarisan:20170810074818j:image

f:id:ukkarisan:20170810081923j:image
f:id:ukkarisan:20170810074845j:image

f:id:ukkarisan:20170810081937j:image

f:id:ukkarisan:20170810081954j:image 

 

制裁の鎚/灼熱スイング(クールタイム20秒)

 

制裁の槌は、前述の“裁きの鎚”のように前方範囲を直線的に攻撃する光の斬撃を飛ばす戦士っぽいスキルです。

 

火力は“裁きの鎚”よりも倍近く高く、狙い撃ちもしやすいですがその代償としてクールタイムも長いためこれをメインの攻撃手段とするのにはソロでは少々厳しくなりそうです。

 

このスキルも小さな敵さんと密接している状態で発動しますとたまに当たらないことがあるため、使うなら“裁きの鎚”同様距離を離してから使った方が確実でしょう。

 

ルーン(左側)を入手し、使ってみましたところ範囲が自身の前方範囲から自身を中心とした周囲(スクリーンショットでは見えにくいかもしれません)への攻撃と変わったため、使い方が変わってきます。

 

そのため、ルーンによって遠距離攻撃手段か雑魚散らしかなど使い方を変えていくとよいでしょう。

 

灼熱スイングのルーンは当たった対象の攻撃力を-50%も低下させるので、クールタイムがネックですがボス戦などで当てればパーティーへのダメージを少しでも軽減することができるでしょう。

 

 


f:id:ukkarisan:20170810075610j:image


f:id:ukkarisan:20170810082014j:image


f:id:ukkarisan:20170810075658j:image 


f:id:ukkarisan:20170810082036j:image

 

信仰の光/聖光の鎧(クールタイム12秒)

 

ヒーラーさんの回復スキルその1です。

 

自身を中心としたごく狭い範囲の他人(味方)を回復します。

 

初めのうちはだいぶ回復するなぁと思いきや、最大HPが上がってくると2、3割程度の回復であったりとレベル=スキルの強化の最大値に依存してくるのだなという印象を受けました。

 

どちらかと申しますと 、即座にHPを回復したい時に発動するのがメインになるでしょうか。

 

ソロではこのスキルのお陰でだいたいポーションいらずで進められることも多く、自己回復の面ではお世話になるスキルです。

 

聖光の鎧のルーンは、更にごく短時間ながら周囲に微ダメージを与えるバフを付与するようになります(5秒間)。

 

 


f:id:ukkarisan:20170810083020j:image
 
f:id:ukkarisan:20170810083557j:image


f:id:ukkarisan:20170810084517j:image

 

魂の救済(クールタイム16秒)

 

ヒーラーさんの唯一の基本の味方支援系のバフスキルです。

 

自身を中心とした狭い範囲の他人(味方)の攻撃力を上昇させるバフを8秒間付与します。

 

クールタイムとバフ時間にそれほど開きがないため頻繁にかけやすいですが、バフを付与するにも味方に近付き画像のようなエフェクトがキャラの頭上に出ていないとちゃんと付与されていないため、戦闘中に狙って当てるというのは少々難しいかもです。

 

私はあまり使いませんでしたが、戦士さんや魔法使いさんなどのアタッカーにかけてあげれば飛躍的に火力が上がることでしょう。

 

 


f:id:ukkarisan:20170810084357j:image


f:id:ukkarisan:20170810084415j:image


f:id:ukkarisan:20170810084437j:image

f:id:ukkarisan:20170810084524j:image

 

浄化の陣/神聖領域(クールタイム30秒)


ヒーラーさんの回復スキルその2です。

 

前述の“信仰の光”の範囲回復版で、こちらは回復を当てやすく他人(味方)から回復エリアが分かりやすいのが○なのですが徐々にHPを回復するタイプのようですので回復量を上回るようなダメージを受けている時は“信仰の光”とスキルを合わせても回復が間に合わなくなるかもしれません。

 

このスキルには面白い特徴がありまして、何と敵さんには範囲内にいる間はダメージを与える(期待するほど火力はありませんが……)という能力を持っています。

 

そのため、回復と同時に攻撃も一緒に行えてしまうある意味ハイブリッドなスキルです。

……クールタイムの長さに目を瞑れば、ですが……。

 

ルーンの“神聖領域”を付けると、範囲が目に見えて広がり(おおよそ1.5倍程度) 、しかし与ダメージが低下するため支援に特化するならルーンを付けたほうがいいでしょう。

 

 


f:id:ukkarisan:20170810085218j:image


f:id:ukkarisan:20170810083456j:image


f:id:ukkarisan:20170810085242j:image

 

聖なる反逆(クールタイム12秒)

 

私は戦闘中に使ったことがないのですが、簡単に申しますと自身への魔法ダメージ“のみ”を吸収する防御系スキルのようです。

 

相手の攻撃の種類が分かっていないと使えないスキルですので、相手が物理か魔法かをよく見極めて使い分ける必要がありそうです。

 

中立フィールドなどでの乱戦時には、相手に魔導師さんがいらっしゃれば多少は有利に立ち回ることができるくらいでしょうか……。

 

 

 

現在判明しているヒーラーさんの基本スキルは以上となりますです。

 

ルーンはハードモードのダンジョン?で入手できるようで、そのほとんどが強力な効果を持っていたりスキルの範囲や能力を変えたりするので余裕があれば是非とも手に入れておきたいところです。

 

また、スキルのレベルもキャラのレベルを超えて上げることができないため、キャラのレベルをアップはスキルのレベル上限にも繋がります。

 

なので、こつこつ上げてこつこつ強化する、というのがスキル強化の基本となりそうです。

 

ではでは、今回はここで一度切ろうかと思いますです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございましたです(´ω`)