クロスワールド キャラその4 ライバック

 いつも僕のブログを読んでくださっている読者の皆様、こんにちは、こんばんは。

 

最近は駄文と長文が多いうっかりさんこと僧侶好きです。

 

さて、今回も前回の続きとしまして、クロスワールドのキャラその4としましていろいろと語っていこうかと思いますです。

 

↓↓↓


f:id:ukkarisan:20160826215000j:image

ライバックさん

 

近距離パワータイプ

武器:重火器手甲(?)

回避系のボタンの動作(アクション)は“ガード”が可能。

移動で“走れない”。移動速度は走れるキャラより遅いため掴めるスキルを持つ敵さんや遠距離ショットタイプの敵さんには注意。また、追跡する攻撃も移動で避けるのは難しいので要注意。

 

 

 

攻撃スキル

 

通常攻撃:爆裂撃

カメラの向き依存の、自身のすぐ前方に左右の手甲から爆裂する攻撃を放つ。

恐らくプレイヤー相手には味方と一緒に攻めているか追い込んでいるような状況でもない限りはそうそう当たらないと思われる攻撃です。

右→左→両手と最大で3回までコンボは続き、3回目の両手で爆裂を放つ攻撃は攻撃倍率が高く、範囲も若干広く自身も少し後ろに後退するのですが、とにかく当たらないため基本は装置の破壊や牽制、後述のEXスキルの隠し玉として使うなど“当てにいく”よりは“当たりにきてもらう”ような使い方をするのが無難そうです。

この攻撃を避ける場合は、不用意にライバックさんのほうに回避などで移動しないようにしましょう。

と申しますのも、これまた後述のEXスキルの隠し玉、スキル1の“ボマーサイクロン”などを使われる可能性があるためです。

できるなら横より後方に、後方より移動で距離を取ったほうがより安全な厄介スキルです。

 

スキル1:ボマーサイクロン

両腕を広げ、自身の目の前に接近してきた敵さんを(自動で)掴んだ後、高速で回りながら前方の床に叩き付ける掴み技。回避やガードなどを無視して掴め、アイリーンキャノンなど一部の装置も掴むことができる。

ライバックさんの主力ともなる、いわゆるカウンター系スキルです。

敵さんの回避やガードの状態などを無視して、掴み技が成功する距離にいるだけで敵さん単体に確実にダメージを与えることができるので、相手からするとそこにいるだけで不用意に近付けないスキルを持つキャラのひとりとなります。

掴みに失敗すると隙ができてしまうので、使うのであれば先読みで突進系スキルや横を通過しようとしてきた敵さん、ガード中の敵さんに近付いてすかさず使うなどこのスキルも“当てにいく”より“当たりにきてもらう”ように使うと比較的掴み技が成功しやすい印象です。

攻撃倍率はそこそこで、回転中も微量ながらダメージを与え続けています。

このスキルを避けるには、とにかくライバックさんと距離を縮めないことです。

回避やガードを無視して掴まれるので、残りのHPが少ない時などは無理せず後退したほうが安全な場面も多いかもです。

もし突撃するのであれば、突進系の技を使う時や横を通り抜けようとする時はワンテンポ置いて発動する、フェイントなどをかける、味方と連携するなどの対策を取らないと掴まれて痛い目を見ることが多いので、とにかく堅実に様子を見つつ攻め、遠距離ショットタイプのキャラの味方などに援護を任せるとより安全でしょう。

余談としまして、自身がアイリーンさんだった場合、保険として“アイリーンキャノン”を出しておくと掴み技がアイリーンキャノンを掴み自身はその間に距離を取れることがあるのでもしアイリーンさんがいたら罠を張りながらアイリーンキャノンでカウンターするのもいいでしょう。

 

スキル2:バーニングタックル

カメラの向き依存の、自身の前方中距離に勢い良く爆裂弾の力で飛び、着地した周囲に“火傷”の状態異常を付加する追加攻撃を与え、最後にガッツポーズを決めるスキル。低い壁を超えられるため、移動のちょっとしたショートカットとしても有用である。

転送装置の脇の通路の間にある高さ程度の壁であれば易々と超えることができるスキルです(もちろん、場所によっては場外してしまう可能性もありますが)。

ジャンプしてから着地するまで着地点を変えることはできないので使い時と状況には注意が必要かもです。

ロックオンしていてもホーミング機能などはなく、横に動いているプレイヤーさんには当たりづらいです。

“火傷”によるダメージは、火傷ダメージで“HPが0(Break)になるタイプの状態異常”なので、残りHPが少ない敵さんに当たればプレッシャーを与えることができるでしょう。

このスキルを避けるには、基本的には後方に回避などをするのではなく横か奥に避けるようにしましょう。

特に、壁越しからのバーニングタックルなどの不意打ちには注意しましょう。

“火傷”のダメージは微量ながらも“Break”されてしまうタイプの状態異常なので、その点にも注意しましょう。

 

EXスキル:ブレイズトルネード

両腕を広げ、その場で高速回転し触れた敵さんにダメージを与え続けるEXスキル。発動中は移動することもできる。また、触れた敵さんに“火傷”の状態異常を与える。

EXスキルと呼ぶに相応しい破壊力を持つ、ライバックさんの代名詞のようなスキルです。

複数回ヒットするスキルではあるものの、単発の火力はなかなかばかにならず、当たるだけで敵さんは必ず怯みによる硬直が発生し、さらに発動中は異動もできるのでそのまま攻撃をハメてガードしている敵さん以外はほぼ必ずBreakすることができるインチキ並みの性能と破壊力があります。

発動中の移動速度も決して早くはないものの、それでも迫り来る脅威となるので相手に大きなプレッシャーを与えることができるでしょう。

難点としましては、敵さんと距離を詰めないとなかなか当たらないことや使い時が肝心となるあたりでしょうか。

EXスキルのためクールタイムが長いので、拠点の防衛用として使うか敵さんのBreak目的で使うか突っ込んで装置破壊の補助に使うかによっても戦況は変わってくるので、そのときどきに応じて使うようにするのが無難でしょう。

余談としまして、発動時は硬直も何もなく、スキルボタンを押した直後に即発動することができるのは大きいでしょう。

このスキルを避けるには、“回避”できるキャラはとにかく移動で距離を取り、“ガード“できるキャラも移動で距離が取れそうなら移動で、難しいようなら素直にガードすることをおすすめしますです。

発動時の硬直や予備動作などが一切なく、発動される時は即発動されるので回避後のEXスキルの発動などには気を付けるようにしましょう。

また、ある程度の怯み耐性を持っているので反撃など無理なことは考えずとにかくEXスキルから距離を取って避けることのみを考えるようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

  • 移動で走ることはできず、追尾する攻撃を避けることは難しいが、ガードと高いHP補正でタンクとして活躍することもできる。
  • 基本の攻撃スキルは当てづらいが、慣れてくると(相手からすると)脅威となる存在のキャラである。
  • 掴み技が強力でありライバックさんの代名詞のひとつでもあるので相手の突進系のスキルなどを先読み気味で狙って使おう。
  • バーニングタックルで低い壁を超えられるため、不意打ちやショートカットなどで状況に応じた対応を心掛けよう。
  • EXスキルは強力である。ここぞという時に使えるよう、戦況の先を見据えた行動ができるようになるとなお◎なキャラである。
  • 遠距離ショットタイプのキャラには注意すること。

 

とりあえずはこのようなところでしょうか。

 

ではでは、今回もここで切ろうかと思いますです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございましたです(´ω`)