クロスワールド キャラその1 ガラティア

いつも僕のブログを読んでくださっている読者の皆様、こんにちは、こんばんは。

 

たまにはアイスも食べたくなるうっかりさんこと僧侶好きです。

 

今回は、前回の記事に書いていた通りクロスワールドのキャラの大まかな説明やらを書いていこうかと思いますです。

 

今回はキャラ枠の中でも初めのほうにある、

 

f:id:ukkarisan:20160824220539j:image

 ガラティアさん

 

について少し説明やら何やらを書いていこうかと思いますです。

 

↓↓↓

 

ガラティア

タイプ:近距離スピードタイプ。
武器:槍
回避系のボタンの動作(アクション)は“回避”が可能。
移動で“走れる”。遅くもなく速くもなく、移動速度は比較的標準。

 

 

 

攻撃スキル

 

通常攻撃(右の緑のボタン):ストームスラスト

最大3連撃。

槍による前方凪ぎ払いを2回、3回目はやや攻撃倍率の高い突きを繰り出す。

初撃と2回目の凪ぎ払いを回避しても3回目の突きが当たりやすいため、横に回避するかガードできるキャラであれば次のスキルを使われるまでガードしていたほうがいいかもしれません。

レベルが上がると攻撃範囲が広くなります。

 

スキル1(上の黄色のボタン):スピアプラム

短めの溜めの後、画面の奥(前方)に向かって突進突きを繰り出す。

攻撃方向はキャラ(ガラティア)の移動方向や向きではなく、“カメラの向き”に依存するため、後ろに走りながらうっかり前方に突撃してしまわないよう注意しましょう。

攻撃倍率はそこそこで当たり判定は直線上のため、横に動いている相手よりは縦に追い掛けている・追い掛けられている際の不意打ちに使うといいかもしれません。

 

スキル2(下の黄色のボタン):ワールウィンド

前述のスピアプラムと比べるとほんの少し溜めが短く、頭上で槍を振り回し自身のすぐ周囲の相手に最大3回まで攻撃がヒットするスキル。

やや癖の強いスキルで、主に混戦地帯などで役に立つと思われます。

攻撃範囲は特別広いわけでもありませんが、相手の回避を先読みして使うとうまいこと3回ヒットすることがありますので先読みスキルとして使いそうです。

レベルが上がると一回りほど攻撃範囲が広くなります。

攻撃倍率はそれほど高くはありません。

 

EXスキル(左の紫のボタン):エンジェルストライク

少しの溜めの後、少し浮き天使のような羽根を生やし、ある程度のスーパーアーマー(仰け反り、吹っ飛び耐性)を持つ突進攻撃。

低い段差は乗り越えてしまうという仕様で、発動する向きと位置を誤ると場外(自滅)する可能性も高く、場外のある壁近くにいる敵さん相手には迂闊に発動できない諸刃のスキルです。

主に開幕時の突撃や緊急時の離脱スキルなど攻撃用に使うよりは突撃支援・陽動行動に使うとより効果が高そうです。

当たった相手は吹き飛ばされ、攻撃倍率は高めですが決定打として使うには(発動中は操作ができず、ロックオンしている場合は気休め程度の軌道修正しかしないため)少々難しいかもしれません。

突進の距離は長めなので、突撃後の陽動や戦闘離脱時の体勢を立て直す時間は十分に取れることが多いかと思いますです。

弱点としましては、前述の場外もありますが“掴み”と“麻痺(スタン)”、大きな壁などに当たると引っ掛かる(止まって)しまうことです。

この攻撃は遠くからであれば見てからでもタイミングを掴めば回避でも避けられるので、予め下がっておいたりするなど落ち着いた対応をすれば対処できないこともないスキルです。 

 

 

 

まとめ

 

  • 対ショットタイプと対支援タイプには接近して通常攻撃(ストームスラスト)でガンガン押していける、ショット&支援キラー。
  • スピードタイプ、パワータイプにはキャラによっては苦戦することが多いものの、味方との連携をいかにしてうまいこと取れるかが鍵となる。
  • 単騎突撃の要でもあり、EXスキルの“エンジェルストライク”である程度の怯み・吹っ飛び耐性を生かして開幕時の突っ込み、または回避の手段として使える(低い段差を乗り越えるので場外(自滅)には気を付けること)。
  • 基本的に混戦よりはタイマン向きの戦闘キャラである。
  • 癖はあるものの近距離スピードタイプに慣れていくには登竜門となるキャラである。

 

とりあえずはこのようなところでしょうか。

 

ではでは、今回はここで一度切ろうかと思いますです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございましたです(´ω`)