アヴァベル リフレッシュの小ネタなるものです

いつも僕のブログを読んでくださっている読者の皆様、こんにちは、こんばんは。

最近はチームのお部屋にちょこちょこと出るようになったうっかりさんこと僧侶好きです。

さて、今回はタイトルにもある通り、

リフレッシュの小ネタ(?)


を書きますです。
(既に知っておられるようでしたらすみません……(汗っっ)



まず、この小ネタ(小技?)ができる条件としましては、恐らく

  • あんどろいどさん


この2つの条件が揃っていないと恐らくできないと思いますです。
なぜこれらが条件なのかについては後述に書きますです。



さて、本題の小ネタなのですが、その小技というのも

状態異常にかかった直後に即座に治す(主に対人においての自分用)


というものです。

どういうことかというと、例えるならば対人においてワンダラーさんの睡眠のスキル(確か“シープソング?”)にかかってもタイミングさえ掴めば奥義で倒されることが少なくなります。



ここでまず疑問なのが、

なぜそのようなことができるのか?


ということです。



種明かしをしてしまえば、

同じ回復スキルでも効果が出る(回復する)までに若干のタイムラグがあり、そのタイムラグを逆に利用した方法


です。

リンクヒールとリフレッシュで発動した時にどちらが先に回復されるかをよくよく見てみると分かると思いますです。

モーションの時間はほぼ同じでも、回復の効果が表れるまでには本当に微妙な差なのですが、わずかにリフレッシュのほうが遅く回復します。

さて、ここで前述の“条件”なのですが、

この法則(仕様?)は通信環境が悪いほど回復のタイムラグが大きくなりやすく、かつただでさえらぐが露骨に発生するようなあんどろいどさんであればその法則を利用しやすく、逆に通信環境が良くあいふぉんさんなど処理が早かったりする(?)とタイムラグが生じにくく、発動するタイミングがシビアになる


という、あくまでも僧侶さん個人での仮説です。

長々となってしまいましたが、まとめる

状態異常を受けることが分かっている、または高確率で状態異常にかかるスキルが分かっているものを使われ、回避で間に合わなかったりするようであればリフレッシュを発動さるタイミングさえ掴めば状態異常にかからずに回避・逃走できる確率がぐんと上がります。




タイミングに関しましては大雑把に言ってしまう

攻撃を受ける直前(早めよりは気持ち遅めに発動すると成功しやすいような気がしますです)


です。

要は自身の観察眼と先読みの技術と経験が問われます。



余談としまして、この小ネタは主に対人でしか使えるような場面がないので、対人でかつ自分用のものなのでタイミングの掴み方などは各自で、となりますです。

ワンダラーさんの睡眠スキルがそのタイミングを掴みやすいスキルでもあるので、もしもワンダラーさんのフレンドさんやギルメンさんなどがいらっしゃいましたらご協力をしてもらうとなお良いかもしれません。


さって、とりあえずはここまでにしようかと思いますです。

ここまで読んでくださってありがとうございました(>人<;;)