僧侶さんについて語る(ゲーム制作)

自分なりの僧侶さんの分類分けなど。
あくまで“自分なり“ですのでふーん、と読み流していただけたらなぁと思います(汗っっ



攻守のバランスに優れた“バランス型
↓↓↓
プリースト→ビショップ→エクソシスト→カーディナル
能力値(10段階)
HP:5 MP:6~7
STR:4~5 VIT:3~4
INT:6 MVIT:6~7
↓↓↓
HP:142~158 MP:18~22
STR:10~15 VIT:6~10
INT:14~18 MVIT:9~13
・回復魔法:初級~中級まで
・補助魔法:初級~中級まで
・攻撃魔法:初級~中級まで
初心者~中級者向きのタイプだが能力的に中途半端になりがちである。
ただ、物理と魔法、どちらもある程度の耐性があり、HPも魔職系の中でも高いので防御などの強化を掛ければタンク(盾役)としても活躍できる。



仲間を癒し強力な支援をする“後方支援型
↓↓↓
アコライト→クレリック→ヒーラー→リバイスター(オリジナル)
能力値(10段階)
HP:4 MP:8~9
STR:3~4 VIT:3
INT:7 MVIT:8
↓↓↓
HP:128~136 MP:24~31
STR:7~11 VIT:5~7
INT:21~25 MVIT:15~18
・回復魔法:初級~上級まで
・補助魔法:初級~上級まで
・攻撃魔法:初級~上級まで
僧侶系の中でも後方支援に特化したタイプであり、物理に対してはやや打たれ弱い
が、魔法に対してはめっぽう強い上、スキルもなかなか強力なものを多く覚えるためパーティーに一人でもいれば心強い存在となる。



禁忌の呪術深淵の闇を操る“闇の邪教徒
↓↓↓
ダークプリースト→ネクロマンサー→デスペラー→シャーマン
能力値(10段階)
HP:2~3 MP:10
STR:2~3 VIT:2~3
INT:7~8 MVIT:9~10
↓↓↓
HP:116~129 MP:36~42
STR:4~7 VIT:3~6
INT:23~30 MVIT:21~26
・呪術魔法:初級~上級まで
・魔障壁系魔法:初級~上級まで
・攻撃魔法:初級~上級まで
闇属性の魔法を使い、対象を即死させる忌術や状態異常にさせる呪術を扱ったりとやや特殊な戦い方ができるもうひとつの僧侶”。
魔法に特化したタイプであるが故に物理に対する耐性がかなり弱体化されているため、敵からの物理攻撃には常に警戒しておく必要がある



修練と伝教の末神々の力を授かりし聖人セイント
↓↓↓
能力値(10段階)
HP:5~6 MP:9
STR:5 VIT:4
INT:7~8 MVIT:8
↓↓↓
HP:152~171 MP:28~33
STR:13~16 VIT:8~12
INT:23~28 MVIT:16~20

・回復魔法:全て扱える
・補助魔法:全て扱える
・攻撃魔法:全て扱える
実績と信者、そして厚い信仰心と慈悲の心を持ち、かつ当然のことながら純粋で他人の為に命を捧げるほどの奉仕の精神を持った者でなければなれない僧侶系の中での最上級職
回復・補助・魔法攻撃において強力なものを数多く覚え、さらに全体的な能力が高くMPも全職業中最高とゲームブレイカー並みの支援能力を持つ。
しかし、前述の通り就くことさえ非常に困難なため、1万人に1人なれるかどうかというほど確率は低い
簡単に言ってしまえば、“運良く就ければラッキー”な最上級職である。